地域密着(相模原市中央区  南区 緑区)犬・猫の診察・病気・皮膚科・予防・手術のかかりつけ医

〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見6丁目13−21
   
スーパー三和 富士見店すぐ向かい

診療時間
9:00~12:30
16:00~19:30
休診日
水曜午後
日・祝

お問合せ・ご相談はこちらへ

042-707-1522

院内設備

動物たちは自覚症状をお話できないので、どのような理由で症状が出ているのかを推測するために、どうしても検査が必要になる場合があります。

また、最善の治療を行うためには様々な医療機器が必要になります。

動物と飼い主様様双方にとって、ご満足いただける様になるべく十分な設備を整えております。

その医療機器の一部をご紹介いたします。

 

画像をクリックすると拡大表示されます

自動血球計算機

血液中の赤血球数(貧血の有無)、白血球数(感染、炎症の有無)、血小板数(血液凝固能力)など、血液自体の成分を調べます。

血液生化学検査機

腎臓・肝臓の数値、血糖値など内臓の機能を測定します。
犬リパーゼや犬CRPなど特殊な項目も測定可能です。さまざまな数値を院内でスピ~ディ~に検査することで、即時に動物の状態を知り、治療することができます。

遠心分離機

血液・尿などを検査するために分離します。
ぐるぐるグルグルguruguru回ります。

レントゲン装置

動物専用のX線発生装置です。
人体用と比較して被爆量が少なく、動物の負担を少なくします。
レントゲン検査は骨の異常を調べるだけでなく、胸部や腹部の内臓およびその周辺の外観からは分からない病気の早期発見に役立ちます。
よく頭をぶつけます。

超音波診断装置

動物に侵襲を与えず、体の表面から内部の状態を観察します。
腹腔内の臓器 (肝臓・腸・脾臓・腎臓・副腎・膀胱・前立腺・子宮・卵巣など)や腫瘍の有無などを観察することができまやす。
また、心臓の動きや血流の速度・逆流など心臓の状態を診断できます。
(※状況に応じて毛刈りをさせていただく場合がございます。)

酸素濃縮装置

呼吸状態の悪い動物に酸素を供給できます。通常は小動物用ICU装置と連結して使用します。
主に状態の悪い心疾患、呼吸器疾患の動物の呼吸管理や、術後管理に役立ちます。

麻酔器・人工呼吸器

吸入麻酔を行う時に使用します。
麻酔からの覚醒が早い、安全性の高い麻酔器です。
人工呼吸器で麻酔中に呼吸管理ができ、動物の大きさに合わせて正確に測定、呼吸の補助をすることが可能です。
また、緊急の蘇生措置の時にも活躍します。
安全に麻酔・手術を行えるように配慮しています。

麻酔モニター

麻酔時や緊急救命処置が必要な際に使用します。麻酔中の多岐にわたるバイタルサイン(心電図・心拍数・呼吸数・体温・血圧・麻酔ガス濃度など)をモニタリングします。
動物の麻酔の異常をいち早く感知し、対応することが出来ます。
麻酔時の頼れる相棒です。

X線防護服

レントゲン撮影時に着ます。
しっかり守ってくれます。
最近の物は軽くて、色もかわいいです。

 

電気メス

小さな血管の止血や切開を行います。出血も少なく、手術時間が短縮されます。
手術時間が短いと身体への負担が少なく、それだけ助かる確率も高く、手術後の回復も良くなります。
出血が少ない事も、助かる確率が上がる重要な要素です。
体に負担の少ない手術を行うことができます。 

血管組織シーリング装置

動静脈及び血管を含む組織束を強い力で圧縮しながら、熱を加えることによって切断し、シーリングする(糸を使わずに血管断端を融合させ閉鎖する)ことが可能です。
脾臓摘出や血管の多い腫瘍を摘出する際に、糸で血管を結ぶより早く処理でき、手術時間を短くすることが可能です。
手術時間が短ければ体への負担も軽減されます。

吸引器

血液や水分の吸引を行うことができ、開腹手術時にお腹の中をを洗浄するのに用います。
滅菌状態でお腹の中を洗浄することで術後の感染・癒着・腹膜炎の予防ができます。

超音波スケーラー

麻酔をかけて歯のお掃除(歯石除去)をするときに使用します。
超音波を使って、歯に負担をかけず歯石をパキパキ取ってピカピカにします。
歯石除去以外にも残痕乳歯や、歯槽膿漏になってしまった永久歯を動物に負担なく抜歯することができます。

整形外科用ドリル

歯科用ドリルを使って、超音波スケーラーで歯石除去をした後のポリッシング(歯の表面を磨く)をして歯をピカピカツルツルにしたり、抜歯するときに歯を削ったり、迅速にかつ負担をかけずに行うことができます。
整形外科用ドリルを用いることで骨折手術の整復や椎間板ヘルニアの手術を行うことができます。

ネブライザー

気管支炎・鼻炎等、呼吸器疾患の動物に使用します。
抗生物質や気管支拡張薬、去痰剤などを霧状にして加湿吸入させる装置です。

点滴ポンプ

手術中や入院治療の際の静脈内点滴を行う時に使用します。
正確な量を一定の速度で点滴し、異常があればすぐ知らせて、人知れず24時間頑張って働いています。

微量点滴ポンプ

心臓病患者の治療時や糖尿病患者の治療時、抗がん剤治療時など、薬剤をゆっくり微量持続点滴する時に使用します。0.1ml単位で細かく薬を静脈点滴できます。
ゆっくりゆっくり頑張ってくれます。

オートクレーブ

高温高圧にて手術器具などを滅菌を行う機械です。これにより無菌状態で手術を行うことができます。
他にも処置用器具から注射器、入院用食器、耳鏡の先まで、滅菌できる物はなんでも滅菌しています。
滅菌大好き。

デジタルレントゲン装置

レントゲンをデジタル化することで、鮮明で見やすい画像となります。
またより少ないレントゲン線量で撮影ができるため、動物の負担を少なくします。 
現像する必要がないので短時間で検査が可能になり、また現像液の廃液が出ないのでエコロジーな検査機器です。

レントゲンモニター

撮影したレントゲン画像はすぐに診察室のモニターに反映されます。
拡大したり、色味を変えたり、過去の画像と比較したりできるので、小さな病変も発見しやすく、飼い主様にもわかりやすく説明できます。
また、顕微鏡画像や、皮膚の状態を記録したデジカメ写真、二次診療でのCT・MRI画像等も表示できます。

分包機

お薬を服用する回数や量によって分包することが可能です。
身体の小さい動物は、お薬の1回量も少なくなるので、こちらで分割調剤して処方します。
一回ごとに薬剤を分包することで飼い主様が間違えることなくお薬を与えられるようになります。
錠剤と粉剤の両方の分包ができます。

耳鏡・検眼鏡

耳と眼をじ~っと覗いて検査します。
耳では中の状態、耳垢・耳毛や炎症の程度、鼓膜の状態、外耳の腫瘍などの発見に使用します。
眼では眼の表面~深いところの診断に使用し、角膜など目の表面、水晶体、網膜の状態を観察します。 

 

タンパク屈折計

血液(血漿・血清)腹水、胸水等、液体中にに含まれるタンパク質の量や比重を測定し分析します。
覗くと青いラインが綺麗です。

動物用尿比重計

尿比重とは、簡単に言えば「尿の濃さ」をあらわすものです。
動物の尿比重は人用の比重計では正確に測れません。人間の比重とは異なる為、さらに犬と猫でも比重は異なるため、正確な比重測定には動物用が必要です。
腎臓病の早期発見に役立ちます。
グリップがカーボン調でカッコイイです。

顕微鏡

血液(赤血球や白血球、血小板など)の形態や数の観察や、皮膚、耳垢、便、尿の検査、腫瘍を含む細胞の検査などに使用します。
モニターに映すことも出来るので、飼い主様にも顕微鏡画像を一緒に見て頂いてご説明させて頂きます。
見過ぎると目が疲れ、顕微鏡酔いします。

次亜塩素酸水生成機

安全で除菌効果が高い微酸性次亜塩素酸水を生成します。
(財)日本食品分析センターの試験結果でも、原菌を含む各種細菌・ウィルスに対して短時間で有効に働くことが確認されています。
危険な塩素ガスが発生する心配もなく、赤ちゃんや動物に使えるほど低刺激で安全です。
低濃度で、手術時の手指洗浄、口腔内洗浄消毒、外耳洗浄、皮膚炎の動物の消毒や外傷の洗浄、腹腔内や膀胱内の洗浄などに使用します。
高濃度で、器具の殺菌消毒や、診察台・ケージ・床の清掃にも使用できます。
院長お気に入りの一品です。

パワーアンプ

プレミアムサウンドを提供するコンパクトミキサーパワーアンプです。
スピーカーを最適にドライブするための専用EQを内蔵。コンパクトなボディには信頼性の高いデジタルアンプを採用し、あらゆる音量レベルにおいて最適な音質バランスを維持できるAutomatic Dynamic Equalizationを搭載。
DS16スピーカーと組み合わせてシンプルかつ最良のサウンドを待合室に提供します。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-707-1522
  • 診療時間:9:00~12:30  16:00~19:30
  • 休診日:水曜午後・日曜日・祝日・夏期・年末年始

 

診察案内

診療日
 
午前 ×
午後 × ×
診療時間
  • 午前   9:00~12:30
  • 午後  16:00~19:30
  • 13:00~15:30

  手術・往診・予約診療

休診日

水曜午後・日曜日・祝日
年末年始・夏期

詳しくはお電話ください。

地図

スーパー三和 富士見店すぐ向かい
提携駐車場(コインパーキング)有り

QRコード

スマートフォン
専用サイト
QRコード